【2級】学科試験 PR

令和6年度前期 2級管工事施工管理技士 過去問と解答【第1次検定】

記事内に商品プロモーションを含む場合があります
Shino40
Shino40
2024年度(令和6年度)前期 2級管工事施工管理技士の学科試験の過去問!

参考書を広げて2級管工事施工管理技士の過去問勉強ができない時、スマホで勉強できるようになっています。

2級管工事施工管理技士の過去問PDFは『2級管工事施工管理技士【過去問PDF】』からダウンロードして下さい。

2級管工事施工管理技士の過去問【2024年度/令和6年度 前期】

2級管工事施工管理技士の過去問【2024年度/令和6年度 前期】
2級管工事施工管理技士の2024年度過去問と解答番号を掲載しています。過去問の解説は、地域開発研究所の問題解説集を購入して流用されている問題を確認して下さい。

来年発売される2025年度版の問題解説集には、2024年度の過去問の解説が掲載されていることでしょう。

出題出題項目出題選択
No,1~6問一般原論、電気・建築6問中6問解答(必須)
No,7~23問空調、給排水衛生17問中9問解答(選択)
No,24~28問機器材料、設計図書5問中5問解答(必須)
No,29~38問施工管理法14問中12問解答(選択
No,39~48問関連法規10問中8問解答(選択)
No,49~52問施工管理法10問中8問解答(選択)

【過去問】No,1~6問 一般原論、電気・建築

【過去問】No,1~6問 一般原論、電気・建築
問題番号No,1からNo,6までの6問は必須問題となるので、全問を解答してください。

【No,1】水に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 濁度は、水の濁りの程度を示す。
  2. CODは、水中に溶存する酸素量である。
  3. 色度は、水の色の程度を示す。
  4. 硬水は、カルシウムイオンやマグネシウムイオンを多く含む水である。
過去問の解答を表示する

解答(2)

【No,2】流体の速度が2倍となったとき、運動エネルギーの変化後の倍率として、適当なものはどれか。

  1. 1/4倍
  2. 1/2倍
  3. 2倍
  4. 4倍
過去問の解答を表示する

解答(4)

【No,3】圧力2.0×10⁵Pa、体積8.0Lの理想気体を、温度一定で圧力4.0×10⁵Paにしたときの体積の値として、適当なものはどれか。

  1. 2.0L
  2. 4.0L
  3. 8.0L
  4. 16.0L
過去問の解答を表示する

解答(2)

【No,4】下図に示す湿り空気線図において、A点(●印)の湿り空気の乾球温度として、適当なものはどれか。
湿り空気線図

  1. 12℃
  2. 12.5℃
  3. 18.5℃
  4. 23.5℃
過去問の解答を表示する

解答(3)

【No,5】電気設備に関する用語の組合せのうち、関係のないものはどれか。

  1. 配線用遮断器 ――― 力率改善
  2. 接地 ――――――― 感電防止
  3. 三相3線式 ―――― 配電方式
  4. サーマルリレー ―― 過負荷検出
過去問の解答を表示する

解答(1)

【No,6】下図に示す単純梁に集中荷重wが作用したとき、支点Bの鉛直方向の反力の値として、適当なものはどれか。
単純梁集中荷重図

  1. 3kN
  2. 6kN
  3. 9kN
  4. 12kN
過去問の解答を表示する

解答(3)

【過去問】No,7~23問 空調、給排水衛生

【過去問】No,7~23問 空調、給排水衛生
問題番号No,7からNo,23までの17問のうち、9問を選択し解答してください。

【No,7】空気調和方式に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 定風量単一ダクト方式は、ファンコイルユニット・ダクト併用方式に比べて送風量が小さくなる。
  2. ファンコイルユニット・ダクト併用方式は、空調対象室への熱媒体として空気と水を使用する。
  3. 定風量単一ダクト方式は、送風量がが一定である。
  4. ファンコイルユニット・ダクト併用方式は、ファンコイルユニット毎の個別制御が可能である。
過去問の解答を表示する

解答(1)

【No,8】変風量単一ダクト方式に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 給気温度は一定とし、各室への送風量を変化させることで室温を制御する。
  2. VAVユニットからの発生騒音には、考慮が必要である。
  3. 代表室のサーモスタットの信号により、空気調和機の送風量を制御する。
  4. 送風量の減少時においても、必要外気量を確保する必要がある。
過去問の解答を表示する

解答(3)

【No,9】熱負荷計算に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

  1. 二重サッシ窓で、ブラインドを室内に設置する場合と二重サッシ内に設置する場合では、日射負荷は同じである。
  2. 暖房負荷計算では、一般的に、日射負荷は考慮しない。
  3. 窓ガラス面の通過熱負荷計算では、一般的に、内外温度差を使用する。
  4. 冷房負荷計算において、LED照明を採用すると蛍光灯に比べて熱負荷は減少する。
過去問の解答を表示する

解答(1)

【過去問】No,24~28問 機器材料、設計図書

【過去問】No,24~28問 機器材料、設計図書
問題番号No,24からNo,28までの5問は必須問題となるので、全問を解答してください。

【過去問】No,29~38問 施工管理法

【過去問】No,29~38問 施工管理法
問題番号No,29からNo,38までの10問のうち、8問を選択し解答してください。

【No,30】

ネットワーク図

【過去問】No,39~48問 関連法規

【過去問】No,39~48問 関連法規
問題番号No,39からNo,48までの10問のうち、8問を選択し解答してください。

【過去問】No,49~52問 施工管理法

【過去問】No,49~52問 施工管理法
問題番号No,49からNo,52までの4問は必須問題となるので、全問を解答してください。

2級管工事施工管理技士の過去問【まとめ】

2級管工事施工管理技士の他の年度の過去問を紹介します。

年度前期後期
2024年度令和6年 前期令和6年 後期
2023年度令和5年 前期令和5年 後期
2022年度令和4年 前期令和4年 後期
2021年度令和3年 前期令和3年 後期
2020年度コロナで中止令和2年 後期
2019年度令和元年 前期令和元年 後期
2018年度平成30年 前期平成30年 後期
2017年度平成29年
2016年度平成28年
2015年度平成27年
2014年度平成26年
2013年度平成25年
2012年度平成24年
2011年度平成23年
2010年度平成22年
2009年度平成21年
2008年度平成20年

2級管工事施工管理技士の過去問PDFが必要でしたら『2級管工事施工管理技士【過去問PDF】』からダウンロードできます。

2級管工事施工管理技士【過去問PDF】16年分2級管工事施工管理技士の16年分(平成20年度~最新年度)の過去問をPDFでダウンロードすることが出来ます。また2級管工事施工管理技士の過去問がスマホで勉強できる記事へのリンクも貼ってありますので、過去問勉強に役立てて下さい。...