【1級】実地試験

【口コミ】独学サポート事務局の作文作成代行サービスを使ってみた!

施工管理技術検定の実地試験は、施工経験記述で合否が決まると言っても過言ではないでしょう!

そんな施工経験記述ですが…

  • 現場経験が浅く、施工経験記述で何を記載すればいいのか分からない!
  • 作文を書くのが苦手で、どのように施工経験記述を記載すればいいのか分からない!
  • 試験まで時間がなく、施工経験記述を作成している時間がない!

など施工経験記述を作成することが出来ない方は、施工経験記述の作文作成代行サービスを使ってみてはどうでしょうか?

施工経験記述の作文作成代行サービスって?

そもそも施工経験記述の作文作成代行サービスってどんなサービスなのでしょうか?

どの施工管理技術検定の実地試験でも出題される「施工経験記述問題」について、あなたのタメのオリジナル施工経験記述を代行して作成してくれるサービスです。

最終手段!施工経験記述を“代行作成”してもらう【施工管理技術検定】施工管理技士の実地試験において、鬼門と言えるのが“施工経験記述”となります。 この施工経験記述ですが、しっかりと起承転結を考えて作...

ちなみにこのサービスを行っている会社は「独学サポート事務局」のみとなります。

独学サポート事務局の作文作成代行サービスを体験!

そんな「独学サポート事務局」の“作文作成代行サービス”を、検証のために「1級管工事施工管理技士」の作文作成代行サービスを申込んでみました。

基本料金:6,800円(税込)

まずは基本サービスが6,800円となっております。

  1. 推薦教材のご案内
  2. 受験対策10資料
  3. サポートサービス(質問メールサービス・新規試験情報配信)
  4. 記述添削サービス
  5. オリジナル冊子『実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント』のご提供
  6. 過去問題ファイル
  7. モギ試験

と基本サービスの内容となっております。

もし自分で施工経験記述をザックリ書け・時間があるのでしたら、この基本サービスの「④記述添削サービス」だけを受けるのが安く済みます。

記述添削サービスに興味がある方は、1級土木施工管理技士を受験する時に、記述添削サービスを受けた時の体験談がありますので参考にして下さい。

【口コミ】独学サポート事務局の添削サービスを使ってみた!管工事施工管理技士の実地試験に合格するには“施工経験記述”で高得点を獲得することが近道となります。 “施工経験記述”は、出題課題が...

作文作成代行サービス料:+7,800円(税込)

作文作成代行サービスを受けるには、基本料金6,800円の他にオプションで+7,800円がかかります。トータルは、14,600円と金額的に金額的に安い買い物であはありません!

しかし資格の学校に通学したり!外部講習に参加したり!する費用と比べれば、合格するタメに必要な施工経験記述が高いレベルで作成して貰えるのでコスパ最強です。

作文作成代行された施工経験記述

それでは気になる作文作成代行の施工経験記述の内容を紹介します。

※送られて来た施工経験記述をそのまま掲載するのは規約上出来ませんので、若干言い回し等を変えShino40風にアレンジを加えております。

作文作成代行サービスを受けたのなら言い回しの修正は、必ず行った方が良いでしょう!送られて来た施工経験記述をそのまま覚えても良いですが、どうしても他人の作った作文です。自分の言い回しと違うので、暗記しづらく勉強効率が悪くなります。

代表的な工事

  • 工事件名:タウンコート北本新築工事 都市ガス工事
  • 工事住所:埼玉県さいたま市北本市下石戸下1516-3
  • 設備工事概要:共同住宅、RC9F、延べ面積2,600m2、配管工事PLP・白ガス管他×約800m、メータ60個
  • 現場でのあなたの立場:工事主任

施工計画

特に重要と考えた項目

  • 建築工事・他設備工事との輻輳作業があり安全管理計画が特に重要と考えた。

とった措置又は対策

  1. 建築を含めた週間の全体会議で作業調整し、作業日程を変更し作業区域を分けることで輻輳作業を防いだ。
  2. 建築などと安全仮設を共有し、共同で日常的に点検する体制を整備し不安全箇所の改善に努めた。

安全管理

“安全管理”については、施工経験記述を2パターン作成してありました。

特に重要と考えた項目

  • パイプシャフト内での配管作業時に使用する脚立、立ち馬の整備不良等による作業員の転落防止が特に重要と考えた。

とった措置又は対策

  • 作業開始前に脚立、立ち馬のガタつきや止め金具等の不具合がないか点検を行った。また1日2回の安全巡視時に不安全行動などがあれば、直ちに指導し是正させた。

特に重要と考えた項目

  • 建築工事や他設備工事と作業が輻輳する為、他業種との安全協力体制の構築が特に重要と考えた。

とった措置又は対策

  • 他業種と全体工程会議・毎日の連絡会議で調整をとり、作業区域を分けた。また上部で工事する際は、コーンで安全柵を設け立入禁止にし監視人を配置した。そして足場など共有出来るものは共有利用した。

※「監視人を配置」って作文代行された方は、どんな工事をイメージしたのかな?「上部で工事(=高所?)」ってなっているから屋内作業だと思うけど、他業種と輻輳する工事とはいえ監視人を配置するのは少しコスト的に合わず過剰対策になっていると思います。

工程管理

“工程管理”についても、施工経験記述を2パターン作成してありました。

特に重要と考えた項目

  • 建築躯体工事に1週間の遅れが発生した為、他業者との工程調整が特に重要と考えた。

とった措置又は対策

  • 工事開始前に他業者と工程を調整し、工事開始後は週間工程会議や毎日の連絡会議で競合する作業と再調整し、作業区域を見直し・1日の作業時間を分け先行できる別作業を行うなどの対応をとった。

特に重要と考えた項目

  • 上階で建築共有部仕上げ工事と作業が重なり工程の遅れが予想された為、建築との調整が特に重要と考えた。

とった措置又は対策

  • 建築工事や他設備工事との調整を図り、床・壁の仕上げやパイプシャフトの扉工事前にシャフトの落下対策を行い配管工事を先行させた。

品質管理

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

受け入れ検査

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

総合的な試運転調整

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

完成に伴う自主検査

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

環境対策

特に重要と考えた項目

とった措置又は対策

作文作成代行サービスの評価!

1級管工事施工管理技士の施工経験記述に対して、上記のような作文作成代行内容となっております。

作文作成代行サービスの申込の流れ