【1級】実地試験

【口コミ】独学サポート事務局の添削サービスを使ってみた!体験談

施工管理技士の受験に特化した独学サポート事務局!

そんな独学サポート事務局の「添削サービス」について

「添削サービス」って何してくれるの?合格できるの?

なんて疑問を1級管工事施管・1級建築施管であるShino40が実際に添削サービスを受けて審議します。

こんな方に見てもらいたい!
  • 独学サポート事務局の添削サービスを受けようか悩んでいる方
  • 施工管理技士に合格したい方
  • 実地試験の“施工経験記述”の作成を悩んでいる方
  • 施工管理技士の試験を何度も受験している方

独学サポート事務局の添削サービスを使ってみた!

2019年度1級土木施工管理技士の実地試験を再受験するにあたり

“施工経験記述”のバージョンアップを図るため「独学サポート事務局の添削サービス」を使用しました。

Shino40
Shino40
独学サポート事務局の『添削サービス』評判は、修正箇所を具体的に修正してもらえ安い!

そしてなにより合格することができました。

独学サポート事務局の添削サービス結果

1級土木施工管理技士について、参考書をアレンジして作成した施工経験記述の

  • 安全管理
  • 品質管理
  • 工程管理

3課題を独学サポート事務局の添削サービスで“2回”添削してもらった結果の評判です。

1回目の添削結果

・物件情報(工事名・工事場所など)

全ての事項に対して「妥当です」との添削結果でした。

“工期”の書き方についてアドバイスを頂きました。

・施工経験記述内容

「安全管理」「工程管理」について、

  • 具体的な現場状況と特に留意した技術的課題
    ⇒「〇妥当」
  • 技術的課題を解決するために検討した項目と検討理由及び検討内容
    ⇒「〇妥当」
  • 現場で実施した対応処置とその評価
    ⇒「〇妥当」

と修正事項なし「妥当」との添削結果でした。

「品質管理」について

  • 具体的な現場状況と特に留意した技術的課題
    ⇒「×具体的な技術的課題が不明瞭」
  • 技術的課題を解決するために検討した項目と検討理由及び検討内容
    ⇒「〇妥当」
  • 現場で実施した対応処置とその評価
    ⇒「△環境対策の観点から変更した方がいい」

《具体的な添削結果》

品質管理の“具体的な現場状況と特に留意した技術的課題”

「大型車の重量に耐えきれない・・・」と記述されていますが、何が耐えきれないのですか?具体的に記述して下さい。

品質管理の“現場で実施した対応処置とその評価”

「埋戻し材料を第2種改良土から山砂へ変更・・・」との記述は、環境対策の観点より新規土の採用は好ましくありません。改良土で品質を確保すべきです。

と添削されました。

どの添削箇所も、的を得たもので修正することで施工経験記述の点数が上がるものと確信しました。

2回目の添削結果

独学サポート事務局の添削サービスは、何度でも添削依頼をかけることが出来ます。

2度目の添削サービスは、試験日3日前に独学サポート事務局に依頼をかけました。

Shino40
Shino40
添削は、翌日に納めて頂き!添削箇所を、記述修正してもらえました。

添削箇所の記述修正について、数箇所を修正して頂いており『作文作成代行サービス』の質の高さを伺うことができました。

独学サポート事務局を選んだ理由!

今まで「管工事施工管理技士」「建築施工管理技士」を受験する時に施工経験記述の添削サービスを

  • 通信教育:日本技能教育開発センター
  • 外部講習:日本建設情報センター

で添削を会社経費で受けたことがあります。

しかし添削サービスと言っても、あくまでも付随サービスなので1課題分しか添削をしてもらえません。

そこで添削サービスを行っている所を検索すると数社見つかりその中で

  • 添削サービスの料金
  • 添削の実績数
  • 独自のサービスを実施(作文作成代行サービス)

を総合的に考えて『独学サポート事務局』を使用することにしました。

独学サポート事務局の実績

“独学サポート事務局”の実績などを調べた結果をお知らせします。

添削のサービス料:9,800円(税込)

基本サービスには「添削サービス」を含め7つのサービスがあります。

  1. 受験対策10資料
  2. サポートサービス(質問回答サービス・新規試験情報配信)
  3. 過去問題ファイル(直近10年分)
  4. 模擬試験問題
  5. 冊子:実践!セコカン確実に合格を勝ち取る11のポイント
  6. 推薦教材の案内
  7. 添削サービス

と添削サービス以外も色々な情報提供がされます。

添削サービスを1課題単位で行っている所があったので「独学サポート事務局」に問い合わせてみました!

Q:添削サービスは、3つの課題(安全・品質・工程)を添削して貰えるのか?

A:添削は品質・工程・安全管理の基本3課題他、環境対策など気になる課題につきましても課題数に限りなく、ご提出いただければ担当の講師が添削をさせていただきます。

近年出題されていない課題についても、施工経験記述を準備し提出すればしっかりと添削をして頂けます。

また基本サービスの「過去問題ファイル(直近10年分)」は、過去問題集を購入しなくてもよくなります。

添削の実績数:15年間で49,000名が受講

独学サポート事務局は、15年間で49,000名が利用しています。

まず施工管理技士の受験対策に携わって15年間!長年、施工管理技士の受験対策に携わっています。

また受験者数49,000名と、年間3,000名近い人が『独学サポート事務局』を利用している実績があり信頼できます。

独自のサービス:作文作成代行サービス

施工管理技士のタブーを犯した『作文作成代行サービス』

作文作成代行サービスとは

「独学サポート事務局」の作文作成担当者が、ある程度受講者様の従事環境や(施工経験を実際に持つ方は)その工事体験をお聞き取りをさせていただき、合格に充分でかつ受講者に合わせたオリジナル記述文を作成いたします。

受講者を合格させるため、限りなく黒に近いグレーなサービスを提供!

そんな「独学サポート事務局」の姿勢にShino40は、共感しか覚えませんでした。

もし作文作成代行サービスについて、詳しく知りたい方はご覧下さい。

【口コミ】独学サポート事務局の作文作成代行サービスを使ってみた!施工管理技術検定の実地試験は、施工経験記述で合否が決まると言っても過言ではないでしょう! そんな施工経験記述ですが… 現...

講師の育成について

講師の教育について、独学サポート事務局に質問してみました。

Q:添削講師をどのように育成されているのですか?

A:応募条件としては該当資格保持者、規約内容の確認を行い講師登録前にテストを行っております。3か月間ほど研修として受講生からの添削および作成依頼に対し、常勤講師付きで作業をしていただきます。単独で担当講師になるまで常勤講師が必ず納品前確認作業を行います。

添削講師が一定レベルになるまで常勤講師が確認を行うとのことで添削品質は、担保されており安心して添削をお願いすることができます。

独学サポート事務局の申込方法

独学サポート事務局の申込方法を紹介します!

1,「独学サポート事務局」 のホームページより、右上の「お問い合わせはこちら」をクリックします。

2,左下の方に「受講資格一覧」があるので対象の資格をクリックします。

3,中央下段に商品一覧がありますので“基本サービス”の「カートに入れる」をクリックします。

※“基本サービス”ですが年中募集されている訳ではありません。「添削サービス」「作文作成代行サービス」の募集状況に応じて、募集をストップすることがありますので…その際は、購入を断念するか!募集している商品を購入するか!どちらかになります。

4,申込した資格・商品が正しいか確認して「購入手続きへ」をクリックします。

5,「氏名」「住所」「連絡先」等を入力したら「次へ」をクリックします。

6,「お支払方法」、資料の「お届け時間」を選択します。

※支払方法は「銀行振込」「クレジットカード決済」「代金引換」の3つから選択することが出来ますが、振込が確認出来てから資料が発送されますので「クレジットカード決済」で手続きを即時完了させることをおススメします。そして「クレジットカード決済」だと振込手数料・代引き手数料などかからないので余計な出費を抑えることが出来ます。

7,「施工管理技士に関する情報」を選択し「次へ」をクリックします。

8,「サービス申込規定」と「申込商品」を確認します。

9,「入力した情報」を確認し正しければ「ご注文完了ページへ」をクリックします。

10,記の画面が出れば「申込完了」となります!

11,申込完了とともに「申込確認メール」が届きます。

※メール内容は、申込内容の確認と「銀行振込」を選択した方への振込先口座のお知らせになりますので、記載の振込先に金額を振込んで申込が完了となります。
クレジットカード決済・代金引換を選択した方は、内容を確認するだけでOKです。

独学サポート事務局の添削までの段取り

独学サポートの添削サービスを、申込後の添削されるまでの流れを私の実例を元に紹介します!記載の日時は、提出・返信があった日時ですので、どの程度の期間で次のステップに行くのか参考にして下さい。

申込を行った後、独学サポート事務局で手続き完了の確認がされると「受講通知メール」が送られて来ます。

私の場合「クレジットカード決済」を選択していたので、即時独学サポート事務局で手続き完了の確認がされ受講申込後、約20分後に「受講通知メール」が届きました

これは、独学サポート事務局の営業時間内での申込だったのか?銀行振込での振込時間等によって変わって来ますので、1,2日余裕を待ちましょう。

受講申込

※2019年7月1日13:25 メール受信

独学サポート事務局の受講申込については、上記「独学サポート事務局の申込方法」で画像付きで説明しているので確認してみて下さい。

受講通知メール

※2019年7月1日13:43 メール受信

  • 受講者No
  • 学習ファイルの受け取り先[ダウンロード] URL、ユーザー名、パスワード

が記載されているので、次に学習ファイルをダウンロードしましょう。

学習ファイルに関しては、数日後「印刷されたモノが郵送」で届きます。ダウンロード等が良く分からない方は、しばらくお待ちいただければ問題ありません

学習ファイルのダウンロード

受講通知メールに記載のあるURLにアクセスすると、「ID」と「パスワード」を聞かれるので記載のモノを入力しましょう。

そうしてサイトにアップされている全てのモノをダウンロードしましょう。

  • 受験対策10資料(出題傾向を分析した資料及び独学学習の指標となる情報配信)
  • 過去問題ファイル(直近10年間にわたる過去出題問題と解答)
  • 提出物(受講カルテ・添削フォーム)

過去問題ファイルは、留意事項問題の解答例が多数掲載されているのでとても参考になります。

学習資料一式郵送

※2019年7月5日 郵便物到着

受講申込の手続き完了したら、学習ファイル内の資料とパンフレットが郵送で送られて来ます。学習ファイルをダウンロードした方には、ほぼ不要な資料となります。

受講カルテ提出

※2019年7月1日15:59 メール送信

学習ファイルの中に「提出物」フォルダ内に「受講カルテ〔送信用〕:Word」があるので、必要事項を記入し提出します。

個人情報保護がされているとは言うものの…「会社名」など必ずしも全部記載する必要はありません。

記載したら「独学サポート事務局の添削部:tensaku@dokugaku-s.com」に送信しましょう。メールする際は、氏名の横に「受講者No」を記入すると親切です。

添削フォーム提出

※2019年7月1日23:56 メール送信

学習ファイルの中に「○級○○実地ファイル」フォルダ内に「(07b)添削フォーム(○○○)送信用:Word」があるので、添削して貰う施工経験記述を記入し提出します。

注意事項として、メールで添削をお願いする際は、文字の丁寧さ読みやすさなどが添削されません。

Q:送付方法(郵便・メール便・FAX・メール)はどれがおすすめですか?

A:できればメール便もしくは郵便です。電子の文章も決して悪いわけではないのですが、添削担当者としては文章添削の際に、手書きの文字についてもアドバイスができるからです。字の丁寧さや読みやすさなども採点の対象になる限り、それを無視することは出来ません。ですが、そこをわきまえていただいた上での電子メールでのやり取りは全く問題ありません。大歓迎です。

記載したら「独学サポート事務局の添削部:tensaku@dokugaku-s.com」に送信しましょう。

添削結果

※2019年7月6日14:38 メール受信

5日で添削メールが来ました。添削内容については上記「独学サポート事務局の添削サービス結果」解説していますので参考して下さい。

また「郵送」「FAX」を希望している方は、合せて発送・発信されるようなので少し待っていれば到着すると思います。

まとめ

2019年度1級土木施工管理技士の実地試験を受験するにあたり“施工経験記述”のバージョンアップを図る為「独学サポート事務局の添削サービス」を使用することにしました。

Shino40
Shino40
添削サービス自体は、しっかりと要点を捉えアドバイスされており本当に参考になりました。また値段的には、他社と比べて“安価”でありながら何度でも!何課題でも!添削が可能であり、その他「質疑」「過去問」等の附随サービスも揃っていることから破格な値段設定だと思います。

施工経験記述の作文に自信が持てない方には、おススメできる商品です。

また今はないとは思いますが…事務員など「実務経験がない方」が、会社から施工管理技士を受験を言われているのであれば「独学サポート事務局の作文作成代行サービス」が唯一無二のサービスになると思います。